不倫関係で梅毒をうつされて検査キットでわかった体験談

30歳男性。私は、妻に隠れて他の女性と人とお付き合いをしていました。いわゆる不倫です。

 

その時に性病をうつされてしまいました。自分で確認しようと思ったときに、性病の検査キットが役に立ってくれました。最近はとても便利になりましたね。

 

私は、結婚する前から不倫相手の女性と体の関係を続けていました。その時に性病をうつされてしまったようです。

 

少なくとも週に1回は会って、Hを楽しむ間柄でした。

 

それが半年前に急激に下半身に激痛を感じるようになりました。おしっこするたびに痛かったり、血尿が出たりしていました。

 

これではまずいんじゃないかと思って、泌尿器科に行こうと思いました。いきなりでは怖いので、検査キットで確認をしようと思いました。

 

インターネットで購入して、インターネットで結果を知ることができました。

 

結果をインターネットで見ることができたので、妻にバレることもありませんでした。浮気をしたことも性病にかかったこともばれませんでした。

 

最近の性病検査キットは、プライバシーを大切にしてくれので本当に助かります。

 

検査の結果、梅毒という性病にかかっていることわかりました。昔から伝統のある性病で、早いうちに治療すれば、進行を抑えることは十分に可能な病気です。

 

早速、泌尿器科に向かって、医師の治療を受けたということはいうまでもありません。

 

早いうちに梅毒とわかったので、とてもつらかったですけど、よかったです。

 

早いうちに対処ができたので、一命を取り留めました。

 

妻にバレることもありませんでした。

 

これからの時代は、性病の検査キットをいくつか購入しておくと、とても便利だなと思いました。

 

Hを楽しむすべての皆さんに、性病検査キットをおすすめしたいです。

性的な接触の増える大学生だからこそ性病検査キットが役に立つ体験談

19歳の大学生は今年大学生になったばかりです。大学に入ると楽しいことがとてもあります。

 

高校生の時は彼女がいない私でしたが、大学に入ってすぐに彼女ができました。
彼女の他にもナンパをしたりして体の関係になったり、性的な関係になることが頻繁になりました。

 

そんなある日、大学の女の子に声をかけて、ラブホテルでHをしました。
その子とさんざん楽しんだ後に、家に帰って起きてみると、体に激痛が走っていたのです。

 

全身がだるくて。酒でも飲みすぎたのかなと思いました。その一方で、もしかしたら性病にかかっているのではないかとも感じました。

 

あまりに怖くなってきたので、インターネットで性病の検査キットを購入して自分で確認しようと思いました。
いきなり病院に行くという発想もありませんでした。インターネットで購入したら、すぐに検査キットが届きました。

 

自分の体液を中に入れて、検査キットを返送しました。郵送で検査結果が届きました。
その結果私は、淋病にかかっていることがわかりました。今では地元の泌尿器科のお世話になっています。

 

「最近の医学は発達しているので、早めに医師の治療を受ければ、早めに病気の進行を抑えられるし、将来の人生にもあまり影響を与えることはないよ」と、ドクターが教えてくれました。
最初に病院に行くことをためらっていた私の背中を押してくれたのが、性病検査キットでした。

 

早いうちに淋病の治療ができたのでよかったです。
新しい生活が始まって性的な関係が増えてしまって少し怖いな、と思っている人は、性病検査キットを使ってください。

 

いくつか購入しておいても無駄はないと思います。
手軽にHができる時代で、手軽に性病かどうかを判定できる検査キットは、絶対に欠かせないものだと思います。